ランボルギーニ・ミウラ


ランボルギーニ・ミウラ−−これこそ「スーパーカー」の起源
のように思っている。

ランボルギーニやフェラーリ以前の時代の自動車にも、
アルファ・ロメオやブガッティ、ジャガー、ベンツあたり
「スーパーカー」と呼ばれたものはあるらしいが
どうも超高性能自動車というより今や「高級車」のイメージだ。

ランボルギーニ・ミウラは1966年から1973年にかけて
ランボルギーニ社が製造した自動車であり
大きくはスポーツカーに分類される。

フェラーリに対抗し、最初のモデルから当時では最高峰の
12気筒エンジンを標準的に使用しているランボルギーニ。
ランボルギーニ・ミウラの最大の特徴は
その横置きミッドシップのエンジン搭載にある。

巨大なV12エンジンを当時主流のFRレイアウトで搭載していては
どうしても凡庸なスタイリングにしかならざるをえない。
エンジンを横置き搭載するという斬新なアイディアこそが
ランボルギーニ・ミウラの流麗なボディを実現させ
ランボルギーニ・ミウラが、現代に続くスポーツカーレイアウトの
契機となったのだ。

ランボルギーニ・ミウラは現代でも評価が高く
ミウラ40周年に当たる2006年、
ミウラ・コンセプトがデトロイトショーで公開された。
今のランボルギーニ社はアウディ傘下。
デザインはアウディグループのヴァルター・デ・シルバだ。
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集