ランボルギーニの変遷2


ランボルギーニの変遷の続きです

1974年9月  石油ショックの影響からランボルギーニ自動車
         残り49%の株式をレイネ・レイマーに売却
         (レイネ・レイマーはロゼッティの友人)
1978年4月  BMWから委託されていたM1の生産遅れから
         契約を破棄されランボルギーニ自動車社倒産!!
         イタリア政府の管理下に(泣)

投資家に経営権が握られたランボルギーニの結末といえましょうか?
74年までは一応フェルッチオ・ランボルギーニもいたのですけど。
カーマニアだったランボルギーニの自動車へのこだわりも
「レースには出ない」というランボルギーニの社是も
ここで一旦は幕を閉じてしまいます。。。。


そしてここからが頻繁に変遷していくランボルギーニ

1981年    フランスの実業家パトリック・ミムランが
         ランボルギーニ自動車社購入
1987年    ランボルギーニ社、クライスラー傘下に
1993年10月 インドネシアの新興財閥セトコ・グループの
         メガテック社にランボルギーニ社譲渡
         (フェルッチオ・ランボルギーニ死去)
1999年    ランボルギーニ自動車社、アウディ傘下に


6年きざみですよ・・・・・・あわただしいことで。

ランボルギーニ・ジャルパ(81〜)
ランボルギーニ・ディアブロ(90〜)
ランボルギーニ・ムルシエラゴ(2001〜)
そしてランボルギーニ・ガヤルド。

このあたりの開発はさぞ大変だったことでしょう。
(個人的にランボルギーニ・ディアブロFAN)
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集