ランボルギーニの変遷


フェルッチオ・ランボルギーニが設立した自動車会社
アウトモビリ・ランボルギーニSPA

ちょっと見ただけでかなり変遷してますよね?

1962年4月  フェルッチオ・ランボルギーニが設立。
1963年10月 トリノ・ショーでランボルギーニ社の1号車
         350GTVを発表
1971年8月  ボリビアで起こったクーデターによって
         親会社のランボルギーニ・トラットリーチ社と
         前政府との間のトラクター購入契約が破棄され
         資金難になったランボルギーニ・グループは
         トラットリーチ社の全株式をフィアットに売却
         自動車部門の株式51%(!)をスイス人投資家
         ジョージ・ヘンリ・ロゼッティに売却

10年もたなかったんですね?ランボルギーニ自動車・・・・・・
51%の株式が1人の投資家に渡れば、場合によるとはいえ
経営権はそちらに移り、フェルッチオ・ランボルギーニの意向は
強くは通らなくなりますから。

350GTV(63〜)
ランボルギーニ・ミウラ(66−73)
ランボルギーニ・イスレロ(68−70)
ランボルギーニ・イオタ(69〜)
ランボルギーニ・カウンタック(71〜)

いわゆるランボルギーニの伝統である
「ランボルギーニ・ミウラ」から
「ランボルギーニ・カウンタック」まで
制作はやはり元祖のランボルギーニ!(偏見含)

この後のランボルギーニの自動車が悪いとは言いませんが
創業者のポリシーが貫かれている車はやはり違う!と思います。
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集