ランボルギーニと自動車のエピソード


フェルッチオ・ランボルギーニが自動車製造に乗り出したきっかけ
ランボルギーニ設立のエピソードはいろいろな説があるんですよね。

一番有名&面白いのはこれ↓

トラクターで財を築き大富豪となったフェルッチオ・
ランボルギーニは、ついに当時の(今もそうか?)
富の象徴であるフェラーリのオーナーに!

当時のフェラーリには決定的な欠陥があったとかで
(クラッチでしたっけ?)ランボルギーニが自らの愛車の
故障のクレームをフェラーリ社に持ち込んだ時に
エンツィオ・フェラーリ本人から投げつけられたセリフ

「私の車に文句は言わせない。トラクターにでも乗ってろ」

ランボルギーニはこれに腹を立てて、フェラーリを、
フェラーリ社を見返そうと
「最高のスポーツカーを作ってやる」と決心して
アウトモビリ・ランボルギーニSPAを設立、
自動車の生産販売を始めたとか。


トラクター成金では、肩身が狭かったらしい・・・・・・


まぁこれは面白いから印象的かつ有名なだけで
ランボルギーニは後日「フェラーリはとても紳士的な対応をしてくれた」
と語っていたという説もありますから、
信憑性にはかけるのではないかと思います。


「トラクターにでも乗ってろ」


エンツィオ・フェラーリにこんなことを言わせるとしたら
ランボルギーニ=トラクターとすぐ繋がるほどには
ランボルギーニは名をはせた大富豪だったわけで
それはそれである意味すごいことなんじゃないかとも思います。
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集