ランボルギーニ・ミウラ


ランボルギーニ・ミウラ−−これこそ「スーパーカー」の起源
のように思っている。

ランボルギーニやフェラーリ以前の時代の自動車にも、
アルファ・ロメオやブガッティ、ジャガー、ベンツあたり
「スーパーカー」と呼ばれたものはあるらしいが
どうも超高性能自動車というより今や「高級車」のイメージだ。

ランボルギーニ・ミウラは1966年から1973年にかけて
ランボルギーニ社が製造した自動車であり
大きくはスポーツカーに分類される。

フェラーリに対抗し、最初のモデルから当時では最高峰の
12気筒エンジンを標準的に使用しているランボルギーニ。
ランボルギーニ・ミウラの最大の特徴は
その横置きミッドシップのエンジン搭載にある。

巨大なV12エンジンを当時主流のFRレイアウトで搭載していては
どうしても凡庸なスタイリングにしかならざるをえない。
エンジンを横置き搭載するという斬新なアイディアこそが
ランボルギーニ・ミウラの流麗なボディを実現させ
ランボルギーニ・ミウラが、現代に続くスポーツカーレイアウトの
契機となったのだ。

ランボルギーニ・ミウラは現代でも評価が高く
ミウラ40周年に当たる2006年、
ミウラ・コンセプトがデトロイトショーで公開された。
今のランボルギーニ社はアウディ傘下。
デザインはアウディグループのヴァルター・デ・シルバだ。

スーパーカー・ランボルギーニ


「スーパーカー」という自動車のジャンル(?)がある。
子供の頃メチャクチャ憧れたスーパーカーは
ランボルギーニ・カウンタック

スーパーカーに正しい定義があるわけではないが
超ド級のエンジンと軽量ボディ、同時代のスポーツカーとは
比較にならない性能を持つマシンであることが基本なのだろうが
子供心に魅かれたのはランボルギーニ・カウンタック
あの近未来的なデザイン、これに尽きる。

ランボルギーニ・カウンタック
70年代から80年代の日本におけるスーパーカーブームの
火付け役的存在であり、日本ではスーパーカーを代表する
車種として、今でも根強い人気を誇っている。

強烈に記憶に残っているデザインは何故か
真紅のランボルギーニ・カウンタックLP500
同意してくれる人も多いような気がするがどうだろう?

ランボルギーニ・カウンタックLP500は市販モデルで
あったわけではない。
とすると子供時代に集めたミニカーかプラモデルか
はたまた漫画の中で登場した記憶からか
「スーパーカー消しゴム」だったか
とにかく公道をカウンタックの実物が走ることなど
微塵も期待していない夢の自動車だった。

ランボルギーニ・カウンタックのウェッジシェイプの
デザインとガルウィングドアのイメージは
近未来を描くアニメやコミックに出てくる自動車に
確実に影響を与えたと思っている。

ランボルギーニの変遷2


ランボルギーニの変遷の続きです

1974年9月  石油ショックの影響からランボルギーニ自動車
         残り49%の株式をレイネ・レイマーに売却
         (レイネ・レイマーはロゼッティの友人)
1978年4月  BMWから委託されていたM1の生産遅れから
         契約を破棄されランボルギーニ自動車社倒産!!
         イタリア政府の管理下に(泣)

投資家に経営権が握られたランボルギーニの結末といえましょうか?
74年までは一応フェルッチオ・ランボルギーニもいたのですけど。
カーマニアだったランボルギーニの自動車へのこだわりも
「レースには出ない」というランボルギーニの社是も
ここで一旦は幕を閉じてしまいます。。。。


そしてここからが頻繁に変遷していくランボルギーニ

1981年    フランスの実業家パトリック・ミムランが
         ランボルギーニ自動車社購入
1987年    ランボルギーニ社、クライスラー傘下に
1993年10月 インドネシアの新興財閥セトコ・グループの
         メガテック社にランボルギーニ社譲渡
         (フェルッチオ・ランボルギーニ死去)
1999年    ランボルギーニ自動車社、アウディ傘下に


6年きざみですよ・・・・・・あわただしいことで。

ランボルギーニ・ジャルパ(81〜)
ランボルギーニ・ディアブロ(90〜)
ランボルギーニ・ムルシエラゴ(2001〜)
そしてランボルギーニ・ガヤルド。

このあたりの開発はさぞ大変だったことでしょう。
(個人的にランボルギーニ・ディアブロFAN)

ランボルギーニの変遷


フェルッチオ・ランボルギーニが設立した自動車会社
アウトモビリ・ランボルギーニSPA

ちょっと見ただけでかなり変遷してますよね?

1962年4月  フェルッチオ・ランボルギーニが設立。
1963年10月 トリノ・ショーでランボルギーニ社の1号車
         350GTVを発表
1971年8月  ボリビアで起こったクーデターによって
         親会社のランボルギーニ・トラットリーチ社と
         前政府との間のトラクター購入契約が破棄され
         資金難になったランボルギーニ・グループは
         トラットリーチ社の全株式をフィアットに売却
         自動車部門の株式51%(!)をスイス人投資家
         ジョージ・ヘンリ・ロゼッティに売却

10年もたなかったんですね?ランボルギーニ自動車・・・・・・
51%の株式が1人の投資家に渡れば、場合によるとはいえ
経営権はそちらに移り、フェルッチオ・ランボルギーニの意向は
強くは通らなくなりますから。

350GTV(63〜)
ランボルギーニ・ミウラ(66−73)
ランボルギーニ・イスレロ(68−70)
ランボルギーニ・イオタ(69〜)
ランボルギーニ・カウンタック(71〜)

いわゆるランボルギーニの伝統である
「ランボルギーニ・ミウラ」から
「ランボルギーニ・カウンタック」まで
制作はやはり元祖のランボルギーニ!(偏見含)

この後のランボルギーニの自動車が悪いとは言いませんが
創業者のポリシーが貫かれている車はやはり違う!と思います。

ランボルギーニ設立のエピソード3


ランボルギーニ設立のエピソード、まだあります。

ランボルギーニが愛車(フェラーリ)の修理をフェラーリに
頼んだところ、小さな部品一つで驚くほどの値段を取られた
ことから、「この部品をこの値段で買う客がいるのなら
この商売は儲かる』!」とランボルギーニ自身も自動車
(スーパーカー)の生産販売をはじめたという説。

フェルッチオ・ランボルギーニは典型的なイタリア人。
親分肌で多くの人から慕われていたといいますから
何と言いますか、「この商売は儲かる」という発想は
ランボルギーニらしくないような気がします。
(これが商売っ気の強い中国人とかだったら納得ですが)

結局ランボルギーニ自身はランボルギーニトラットリーチ社を
1971年に売却し、1974年にはランボルギーニ自動車の方も
全ての株を手放して自動車業界から引退していますしね。
あまり商売上手ではなかったのかもしれません。


ところでこのブログに出てくる「ランボルギーニ
ややこしいことこの上ないですね。

アウトモビリ・ランボルギーニSPA(ランボルギーニ自動車)の
設立者としてのフェルッチオ・「ランボルギーニ」と
アウトモビリ・ランボルギーニSPA自体を指す「ランボルギーニ」と
既に自動車ブランド(?)として確立している「ランボルギーニ」と
トラクターの「ランボルギーニ」・トラッチリーチ社

いちいち注釈をつける気も起きず、そのまま放置!
文脈で察してください<(_ _)>

総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集